WiMAX2(ワイマックス2)について

ワイマックスでは、次世代移動通信システムとしてWiMAX2(ワイマックス2)のサービスを
開始する予定です。

WiMAX2(ワイマックス2)を開始することで、下り(受信時)最大330Mbps/上り(送信時)最大
112Mbpsまで高速化すると予定されています。これは光ファイバーを凌駕するスピードと
言われており、時速350kmの高速移動中の通信にも対応します。

用途としては、現在のモバイルWiMAX(ワイマックス)とほぼ同様です。
つまり家庭用のパソコンやモバイルパソコン、スマートフォン、ルーター経由での
Wi-Fi対応ゲーム機などから、高速インターネット接続するための回線と想定されています。
また、高速移動に対応したことで基地局の電波が届いていれば、新幹線に乗っている
ときでも利用できると期待されています。

2011年3月に、規格の標準化は完了しています。そして、WiMAXフォーラムでの標準化も
完了していて、これからは総務省での技術基準の審議が開始される予定となっています。
WiMAX2(ワイマックス2)機器認証が完了されれば、製品のリリースとなります。
2011年7月にWiMAX2(ワイマックス2)製品の試作機が発表されています。

copyright(C)高速モバイル どれがいい?